2016年9月
最新の定期預金金利と、預金キャンペーンを比較します。
定期預金情報局

まずは2016年9月1日現在の主要な銀行の預金金利を、「定期預金100万円以上」、「定期預金300万円以上」、「仕組み預金」に分けてご案内します。

2016年9月の定期預金比較

■100万円以上の場合の金利 (2016年9月1日現在、税引き前、年率。必ず最新金利を公式サイトで確認下さい。)
オススメ順位 銀行名
金利 公式
サイト
普通預金
〜2週間
定期預金
6ヵ月
定期預金
1年
定期預金
3年
定期預金
5年
1 おすすめ銀行 新生銀行
おすすめ定期預金
0.05%
おすすめ定期預金
0.50%
スタートアップ
円定期預金
3ヶ月
0.01%
0.02
%


最大
0.12%
パワー
ステップアップ
預金

はこちら



0.02
%


最大
0.12%
パワー
ステップアップ
預金

はこちら


最新の
定期預金
金利 >>
2 おすすめ銀行 オリックス銀行
おすすめ定期預金
0.10%
2週間預金
おすすめ定期預金
0.10%
おすすめ定期預金
0.15%
おすすめ定期預金
0.17%
おすすめ定期預金
0.17%
最新の
定期預金
金利 >>
3 おすすめ銀行 じぶん銀行
0.00%
おすすめ定期預金
0.14%
新規限定
3ヶ月定期

0.24%
au客限定
3ヶ月定期
0.05%

0.15%
au客限定
1年定期
0.03% 0.03% 最新の
定期預金
金利 >>
4 おすすめ銀行 あおぞら銀行
インターネット
支店
0.001%
おすすめ定期預金
0.15%
おすすめ定期預金
0.20%
おすすめ定期預金
0.15%
おすすめ定期預金
0.15%
最新の
定期預金
金利 >>
5 おすすめ銀行 東京スター銀行
おすすめ定期預金
0.05%
1週間預金
おすすめ定期預金
0.10%
円定期預金
プラス
おすすめ定期預金
0.40%

0.03%

円定期預金
プラス
0.03%
円定期預金
プラス
0.03% 最新の
定期預金
金利 >>
6 おすすめ銀行 住信SBI
ネット銀行
0.00%
おすすめ定期預金
0.15%
おすすめ定期預金
0.15%
0.02% 0.02% 最新の
定期預金
金利 >>
7 おすすめ銀行 関西アーバン
銀行
0.02%
おすすめ定期預金
0.15%
おすすめ定期預金
0.15%
おすすめ定期預金
0.15%
最新の
定期預金
金利 >>
8 ジャパンネット銀行
0.02% 0.02% 0.02% 0.02% 0.02% 最新の
定期預金
金利 >>
9 シティバンク銀行
0.01% 0.01% 0.01% 0.01% % 最新の
定期預金
金利 >>
10 ゆうちょ銀行
0.00% 0.01% 0.01% 0.01% 0.01% 最新の
定期預金
金利 >>
11 みずほ銀行
0.00% 0.01% 0.01% 0.01% 0.01% 最新の
定期預金
金利 >>
12 三井住友銀行
0.00% 0.01% 0.01% 0.01% 0.01% 最新の
定期預金
金利 >>
13 三菱東京UFJ銀行
0.00% 0.01% 0.01% 0.01% 0.01% 最新の
定期預金
金利 >>
14 りそな銀行
0.00% 0.01% 0.01% 0.01% 0.01% 最新の
定期預金
金利 >>

■300万円以上の場合の金利 (2016年9月1日現在、税引き前、年率。必ず最新金利を公式サイトで確認下さい。)
オススメ順位 銀行名
金利 公式
サイト
普通預金
〜2週間
定期預金
6ヵ月
定期預金
1年
定期預金
3年
定期預金
5年
1 おすすめ銀行 新生銀行
おすすめ定期預金
0.05%
おすすめ定期預金
0.50%
スタートアップ
円定期預金
3ヶ月
0.01%
0.02
%


最大
0.12%
パワー
ステップアップ
預金

はこちら



0.02
%


最大
0.12%
パワー
ステップアップ
預金

はこちら


最新の
定期預金
金利 >>
2 おすすめ銀行 オリックス銀行
おすすめ定期預金
0.10%
2週間預金
おすすめ定期預金
0.10%
おすすめ定期預金
0.15%
おすすめ定期預金
0.17%
おすすめ定期預金
0.17%
最新の
定期預金
金利 >>
3 おすすめ銀行 じぶん銀行
0.00%
おすすめ定期預金
0.14%
新規限定
3ヶ月定期

0.24%
au客限定
3ヶ月定期
0.05%

0.15%
au客限定
1年定期
0.03% 0.03% 最新の
定期預金
金利 >>
4 おすすめ銀行 あおぞら銀行
インターネット
支店
0.001%
おすすめ定期預金
0.15%
おすすめ定期預金
0.20%
おすすめ定期預金
0.15%
おすすめ定期預金
0.15%
最新の
定期預金
金利 >>
5 おすすめ銀行 東京スター銀行
おすすめ定期預金
0.05%
1週間預金
おすすめ定期預金
0.10%
円定期預金
プラス
おすすめ定期預金
0.40%

0.03%

円定期預金
プラス
0.03%
円定期預金
プラス
0.03% 最新の
定期預金
金利 >>
6 おすすめ銀行 住信SBI
ネット銀行
0.00%
おすすめ定期預金
0.15%
おすすめ定期預金
0.15%
0.02% 0.02% 最新の
定期預金
金利 >>
7 おすすめ銀行 関西アーバン
銀行
0.02%
おすすめ定期預金
0.15%
おすすめ定期預金
0.15%
おすすめ定期預金
0.15%
最新の
定期預金
金利 >>
8 ジャパンネット銀行
0.02% 0.02% 0.02% 0.02% 0.02% 最新の
定期預金
金利 >>
9 シティバンク銀行
0.01% 0.01% 0.01% 0.01% % 最新の
定期預金
金利 >>
10 ゆうちょ銀行
0.00% 0.01% 0.01% 0.01% 0.01% 最新の
定期預金
金利 >>
11 みずほ銀行
0.00% 0.01% 0.01% 0.01% 0.01% 最新の
定期預金
金利 >>
12 三井住友銀行
0.00% 0.01% 0.01% 0.01% 0.01% 最新の
定期預金
金利 >>
13 三菱東京UFJ銀行
0.00% 0.01% 0.01% 0.01% 0.01% 最新の
定期預金
金利 >>
14 りそな銀行
0.00% 0.01% 0.01% 0.01% 0.01% 最新の
定期預金
金利 >>

2016年9月の仕組み預金比較

■仕組み預金の金利 (2016年9月1日現在、税引き前、年率。必ず最新金利を公式サイトで確認下さい。)
オススメ順位 銀行名
金利 公式
サイト
仕組み預金
最長3年
仕組み預金
最長6年
仕組み預金
最長10年
1 おすすめ銀行 新生銀行
おすすめ定期預金
円定期
パワー
ステップアップ
預金

当初3年

0.10%

最後の10年目

0.12%
最新の
仕組預金
金利 >>
■個人向け国債金利 (2016年9月1日現在、税引き前、年率。必ず最新金利を公式サイトで確認下さい。)
オススメ順位 銀行名
金利 公式
サイト
個人向け国債
固定金利3年
個人向け国債
固定金利5年
個人向け国債
変動金利10年
1 おすすめ銀行 マネックス証券
0.05% 0.05% 0.05% 最新の
個人向け国債
金利 >>
解説:

預金金利比較では、新生銀行、オリックス銀行、東京スター銀行、そしてあおぞら銀行のそれぞれの預金がいいですね。



今月のオススメ預金 (2016年9月1日現在、税引き前、年率)

新生銀行の定期預金
わずか2週間で満期が来る!

2週間満期預金

わずか2週間で満期がくる預金。様子見をしたい人や、普通預金でお金を遊ばせている人にピッタリの定期預金です。
また、2週間満期預金を100万円以上利用するとゴールド会員になり、振込手数料が月5回無料になったり、預金金利がアップしたりと付加価値も充分ですね。仮に振込手数料が一般的に1回300円とすると、毎月1,500円。年間では何と1万8,000円もオトクということになりますね。
低金利の今、注目の預金です。
スタートアップ円定期預金

口座開設&円定期で特別金利

新規口座開設限定となりますが、3ヶ月もの円定期預金に30万円以上預けると0.5%の特別金利が付与されるプログラムです。まだ新生銀行の口座を持っていない方には有力な選択肢となりそうです。今ならTポイントが500円分もらえます。
<仕組預金>銀行の判断で期間が伸びると金利があがる!

パワーステップアップ預金

こちらは仕組預金で、満期を預金者が決められない代わりに通常の定期預金よりも金利が魅力的になっている預金ですね。当初3年間0.10%は確定。当面、利用する予定のない余裕資金を運用したい人にはピッタリの預金です。
また、この預金の場合、残高30万円でゴールド会員になれるのも魅力ですね。上記の通りゴールド会員になれば振込手数料が月5回無料になるなど、うれしい特典が多くあります。
振込手数料が一般的に1回300円とすると、年間では1万8,000円オトクになりますが、パワーステップアップ預金の最低預入額が30万円ですから、これは税引き前の預金金利に換算すると何と7.5%相当ということになります。これもまた隠れた魅力の1つですね。

オリックス銀行の定期預金
シンプル運営による高水準な金利の円定期預金。

eダイレクト預金

*300万円以上の場合の金利。金利は毎月1日と15日(土日祝日の場合は翌営業日)に見直しされますが、本サイトの更新の関係で最新の金利と異なる場合があります。最新の金利は、必ずオリックス銀行の公式ウェブサイトでご確認ください。
0.15%

税引後0.119%

0.17%

税引後0.135%

シンプル運営により、いつも高水準の金利を提供しているのがオリックス銀行です。その中でも注目なのがインターネット専用のeダイレクト預金ですね。特に高水準の金利となっています。
キャンペーンで高金利を提供している銀行はたくさんありますが、オリックス銀行は、常に良い金利を提供している点が好感が持てますね。
満期のたびに資金をウロウロ動かすのが面倒な人にはピッタリの定期預金と言えます。
たった2週間で高水準の金利!

eダイレクト2週間定期預金

年利 0.10% (税引後0.079%)
たった2週間で満期がくる、インターネット限定の円預金。低金利の中しばらく様子見をしたい人だけでなく、他の銀行の普通預金や定期預金に資金を放置している人でも預け替えたくなるような高水準の金利が魅力です。
今、注目の1ヶ月未満の定期預金の1つです。

じぶん銀行の定期預金
ネット専業銀行ならではの驚きの高金利に加え、三菱東京UFJ銀行グループの安心感も魅力。

円定期預金

三菱東京UFJ銀行とKDDIのグループ会社であるじぶん銀行。その安心感に加え、親会社がKDDIだけに携帯やスマートフォンからの使い勝手の良さにも定評があります。
そんなじぶん銀行ですが、安定して業績が黒字となってきたからか最近は新規顧客獲得に積極的で、継続的に高金利の定期預金キャンペーンを実施しています。
注目は新規客向けの高金利もさることながら、既に口座を保有している顧客が利用できる通常金利も相応に魅力的である点ですね。
興味がある方はキャンペーンを実施している間に口座開設してみてはいかがでしょうか。
対象商品とのセットで金利があがる!

円定期セット

外貨定期預金や仕組み預金など対象商品とのセットで3ヶ月もの円定期預金の金利が最大2.12%までアップするプログラム。投資に興味がある方は検討してみてはいかがでしょうか。
au顧客の場合、さらに金利がアップする点にも注目です。

手ごろな半年もの・1年もの・3年もの金利が高金利!

円定期預金プラス

手ごろな6ヶ月もの定期預金・1年もの定期預金・3年もの定期預金が高金利となるのが、円定期預金プラスです。
預け入れは6ヶ月ものはネット限定、1年もの・3年ものは店頭・電話限定とやや変則的な商品性となっています。ただ電話の場合も、東京スター銀行のコールセンターは土日も稼動しているほか、平日も22時まで取引可能ですので十分な利便性が確保されていますね。
また、預入金額も50万円から可能で、幅広い方が利用できそうです。
加えてキャンペーン預金・キャンペーン金利ではありませんので継続的に利用することが期待できると言えます。
なお1年ものについては、店頭限定で満50歳以上等の条件を満たせば金利が大きくアップします。興味がある方は、まずはネットで口座開設の上、店舗を訪ねてみてはいかがでしょうか。
たった1週間で満期が来る!

スターワン1週間円預金

年利 0.05% (税引後0.039%)
たった1週間で満期がくる、インターネット限定の円預金。しかも自動継続なので放っておいてもどんどん継続されて利息がつき続けるのもラクチンでいいですね。
また、最低預入金額が10万円と手頃なので、たとえば50万円を10万円×5日というように曜日ごとに分散して預ければ、平日であれば満期が毎日くることになり、突然の出費にも対応できます。こんな使い方も面白いですね。
今、注目のユニークな預金です。

マネックス証券の個人向け国債
高い信用力と高金利が魅力。

個人向け国債

*「固定金利3年」タイプに加え、「固定金利5年」タイプと「変動金利10年」タイプも毎月発行に移行。最新の発行状況はマネックス証券HPでご確認ください。
定期預金と並び信用力のある国債を、個人でも気軽に利用できるよう1万円から購入可能にしたのが個人向け国債です。
いずれのタイプも高金利が魅力ですが、毎月発行に移行した「変動金利10年」タイプは、高金利でありながら変動金利であり、今後の金利上昇時にもメリットを得られる、お得な商品です。
また個人向け国債は、1年経てばいつでも中途解約できるなど、使い勝手も向上させてあり、「いつ使うか分からない資金」でも気軽に利用できるのが特徴の1つと言えます。
解説:

今月のオススメ預金は、新生銀行、オリックス銀行、東京スター銀行のそれぞれの預金です。いずれも低金利の今、魅力的な金利ですね。

使い分けるとすれば、運用期間1年もしくは5年の資金なら東京スター銀行かオリックス銀行、運用期間1年未満もしくは5年超の資金なら新生銀行か東京スター銀行、普通預金なら東京スター銀行がそれぞれ良さそうですね。

最後におすすめの運用方法

景気がなかなか盛り上がらない中で、どれくらい待てばどれくらい金利が上昇するのか、全然読めませんね。

1年後かもしれないし、3年後かもしれないし、5年後かもしれない。5年間、短めの定期預金で運用したとしても、その間、結局金利が上がらなかったとすると、「あの時、諦めて5年もの円定期預金をやっておけばよかった」と後悔するのがオチですよね。

また仮に早めに金利が上昇したとして、では何%くらいの金利になるか、ということですが、1年もので言えば、まぁ、1%前後くらいなのではないでしょうか?ちなみにこの10年間、10年の長期金利は一度も2%を超えていません。何回か景気回復局面があったにも関わらず、です。

そうすると、少しの金利アップを待つために何年も低金利の短めの預金で継続しておく、というのはあまり賢い手ではありません。
金利をミックスすることで、金利を高めながら、今後の金利上昇にも対応できる!
ではどうすればいいのでしょうか?

当サイトのオススメはやはり、

・5年以上の定期預金
・5年くらいの定期預金
・1年くらいの定期預金
・1ヵ月以下の定期預金


に同額ずつ分散して預けることですね。

そうすれば、高い金利の預金を選べば平均して魅力的な利回りになりますし、仮に今後金利が上昇しても、短めの定期預金の金利が上がってきますので、金利上昇のメリットも受けられます。

定期預金版の「ミックス金利」ということですね。ぜひ参考にしてみてください。




最新の定期預金キャンペーン情報